DC65大応援団

 トップページほぼ毎日更新中!  最終更新 16/12/02 07:20

SINCE 1997.10.04

701D 急行“だいせん” キハ65801+キハ651811 福知山線宝塚 03/12/8

このページは急行用ディーゼルカーキハ65形を勝手に応援するページです。

「鉄道ファン」

「レイルマガジン」

「鉄道ダイヤ情報」

「鉄道ピクトリアル」

「鉄道ジャーナル」

「とれいん」

「j train」

「RM MODELS」

「鉄道模型趣味」

「JR時刻表」

「JTB時刻表」

「全国版 コンパス時刻表」

ケータイ対応

天気予報


MOVIE

キハ6534 新居浜,今治通過!
予讃線9125D(DC65大応援団10年列車) キハ6534+キハ58293
07/5/20


NEWS


「革命児」日本国有鉄道キハ65
キハ65形は500馬力の大出力エンジンとキハ58系編成の冷房電源セットを搭載した、山岳路線用の急行用ディーゼルカーです。昭和44年に登場し、昭和47年までに暖地形86台、寒地形18台の計104台が製造されました。
昭和40年台初頭、気動車急行を冷房化する際、180馬力エンジンを2基搭載したキハ58形には床下に冷房電源セットを積む余地がなく、180馬力エンジン1基で床下に余裕のあるキハ28形,キロ28形に冷房電源を搭載し、そこから2基エンジン車に電力供給しようということになりました。ところが、電源確保のために編成中の1基エンジン車の比率が高くなると、編成全体でのパワーが下がり、急勾配の山岳路線では速度の低下を招くことになります。そこで持ち上がったのが「大出力エンジンを1基搭載し冷房電源セットを搭載した車の開発」で、多くの困難の末に実現したのが“革命児”キハ65です。
キハ65形は先に試作されたキハ91形での成果をふんだんに取り入れ、新機軸、最新技術を満載して登場しました。新開発の500馬力エンジン1基と冷房電源セットを搭載し、キハ58形をはるかに上回るパワーを発揮しつつ、冷房電源車としても機能します。車体はキハ91をベースにした軽量構造で、はめ込み式の二段窓と出入台の折戸が特徴です。前面形状はキハ58形のモデルチェンジ車を踏襲していますが、肩のRが大きくなった分、穏やかな表情になっています。キハ58系編成に組み込まれることを前提としているため便所洗面所の設備はなく、その分客室スペースが広がり、ゆったりした座席配置になっています。エアーサスペンション付きの台車が採用されたこともあり、それまでの急行用ディーゼルカーと比べて居住性は大幅に改善されました。
昭和44年7月、高松運転所に量産先行の10台が到着し、さっそく急行列車で試験運用が開始されました。現場の並々ならぬ努力の結果、新鋭のじゃじゃ馬はたいへん優秀であることが実証され、涼しい移動空間を提供された利用者からは喝采をもって迎え入れられました。量産先行で高評を得たキハ65形は間もなく本格的な量産に移り、西日本全域と甲信越の山々にそのたくましいエンジン音を轟かせることになりました。
現在、キハ65形は他形式への改造車を含めてもJR四国に3台、JR西日本に10台、JR九州に3台が残るのみとなっています。年々活躍の場が狭められているキハ65形一族ですが、国鉄美学とも言うべき均整の取れたスタイル、水平対向12気筒ターボエンジンから発せられる力強いサウンド、他の急行用ディーゼルカーとは一線を画した独特の存在感と重量感あふれる姿に魅せられる人は多く、人気が衰えることはありません。

キハ6580 907D 急行“砂丘7号” 因幡社-智頭 94/2/15
キハ65形主要目(1〜4次車製造時)
定員 84
重量
 自車(t)
 積車(t)
約43
約53
主要寸法
 連結面間(mm)
 車体長(mm)
 車体幅(mm)
 車体高(mm)
 屋根高(mm)
 台車中心距離
21,300
20,803
2,900
4,085
3,620
14,400
台車
 前位
 後位
DT39
TR218
機関
 名称
 形式
 シリンダ数
 直径×行程(mm)
 連続定格(PS/r.p.m)
 最大出力(PS/r.p.m)
DML30HSD
水平 直列 過給
12
140×160
500/1,600
590/2,000
液体変速機
 名称
 形式
変直切換方式
DW4D
1段3要素
手動
ブレーキ
 空気ブレーキ
 補助ブレーキ
 

DARE1
エンジンブレーキ
コンバータブレーキ
空気圧縮機 CW750
電気装置
 充電発電機容量(KVA)
蓄電池 形式×個数

2.5
TRK15-12×2
放熱器 床下強制通風
冷房装置
 ディーゼル発電機関
 発電機 
 ユニットクーラ 形式×個数
4VK×1
DM83A×1
AU13A×7
燃料タンク容量(l) 1500
最高速度(km/h) 95

残された3台の現在! もうたったのこれだけですよ!

車号 所属 運用範囲
キハ6519(キハ71-2) 本チク 鹿児島本線(吉塚-久留米),久大本線(久留米-大分),日豊本線(亀川-大分)
キハ6534   四国鉄道文化館で保存
キハ6551(キハ71-1) 本チク 鹿児島本線(吉塚-久留米),久大本線(久留米-大分),日豊本線(亀川-大分)



365日ロクゴ中心生活!今日のロクゴ様

「今日のロクゴ様」バックナンバー



お願い
このページは個人が運営する趣味のページです。
したがって、このホームページについてJR各社等への問い合わせは堅くお断りさせて頂きます。
このホームページに掲載されている文書・写真・イラストなどは、メールなどで了解した場合を除き無断使用を禁じます。
このページについて何か問題点がございましたら、下記アドレスへメールを投げてください。

DC65大応援団やってる人:ROKU/吉岡忠久
e-mail: dc65@poporo.ne.jp

DC65大応援団

Special Thanks to
Kawarasan, Hirorin, Masa and uncountable person !

Copyright (C) 1997- Tadahisa Yoshioka e-mail:dc65@poporo.ne.jp

[談話室 SALON KIROHA] [気動車たち] [気動車たち(英語版)]